ギターのチョーキングについて、その4

みなさんこんにちは! みずほ台にあるギタースクールRIGギター講師の礒玲仁です。

ここ数日で一気に暑くなってきましたね!

もう熱中症で倒れた方もいるんだとか。。。

みなさん身体など壊したりしてないでしょうか?

しっかり水分摂って今日も元気に練習していきましょう!

 

さて、ずっとチョーキングについて書いてきましたが、ひとまず今回でチョーキングについては最後にします。

 

【音程も合ってるしちゃんと出来てるのになんかカッコ悪い】

こんな風に思った方はしっかりと自分の演奏を録音して聞き返したりしてる方だと思います^_^

チョーキングがちゃんと出来てるのになんかカッコ悪い、キマらないという方は、

もう一度どこまでチョーキングをコントロール出来てるのか見直してみましょう♪

実はチョーキングがカッコ良く決まらないというのは上級者でもたまにあるんです。

まず意識してみて頂きたいのは

どれくらいの早さで音程を上げるのか?

どれくらいの音程まで上げるのか?(少し♯気味なのか、少し♭気味なのか、ジャストなのかetc)

どれくらいの強さでピッキングするのか?

どの弦でチョーキングするのか?

上げた後にビブラートはするのか?

ビブラートはどれくらいの深さなのか?

音はどのタイミングで切るのか?

曲とフレーズの流れからこれらの事を考えてみてください♪

ここまでちゃんとコントロール出来るとかなりカッコ良いチョーキングがキマると思います^_^

最後は結構難易度高めの内容になりましたが、是非、トライしてみてください♪

バッチリ攻略してカッコ良くチョーキングを決めまくりましょう!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

みずほ台にあるギター教室RIG

ギター講師 礒玲仁

 

ギタースクールへのお問い合わせはこちらから

※メールフォームからの問い合わせで割引クーポンの適用になりますので、必ず電話でのお問い合わせの前にメールでの問い合わせをお願い致します。
【当スクールの近隣エリア】
東武東上線みずほ台駅、埼玉県、鶴瀬、ふじみ野、上福岡、★みずほ台、富士見市ギター教室★ Guitar School Lesson