ギター練習コラム集 2020年7月

今回はギターでのアドリブの練習を基本とした3つのコラムを合わせてご紹介します!アドリブを練習している方、これから挑戦しようと考えている方、是非参考にしてみて下さい!

ギターでアドリブをするときの考え方

ジャズやブルース、ロックでアドリブソロをとることもあるかと思います。コードに対してどのような音を使えばいいのか?考えることになると思います。

アドリブにはふたつの考え方があります。

ひとつはスケール中心、ふたつ目はコードトーン中心。

演奏者によって考え方は分かれるとは思いますが、実際は「どちらを中心に考えるか?」分かれる瞬間はあるものの、スケールもコードトーンも重要です!

それぞれ、楽な考え方、演奏法があるので強要はいたしませんが、私のおすすめはコードトーン中心です。

その理由として、

1 どんな曲でもコードさえわかれば弾けてしまう。
2 コード感を演出しやすい。
3 アッパーストラクチャートライアド、トライアドペアなど、高度な理論を用いた演奏をしやすい。

が挙げられます。しかし、コードトーンのみで演奏していくと、とても単調に聞こえてしまうこともあります。

コードトーンとはそのコードの構成音でできているので、当然完全にコードトーンと重なる音であり、刺激のない音になりうるのです。

それを防ぐために、スケールを用います。スケールにはコードトーン以外の音、また曲のキー以外の音を使うことで魅力のある音遣いになります。

スケール練習、コードトーン練習、フレーズ練習

皆様は、上記のような練習をしたことがあるでしょうか?

私も練習をしました。しかし、フレーズ練習だけはどうしても身につかなかったのです。

それは他の人が弾く内容が自分の覚えた形に合っていなかったからでしょう。合っていないので、どれだけ練習しても本番の演奏で自然に出てくることはなかったです。

もちろん他の人が弾いたフレーズで学ぶことは多いと思います。

しかし、自分の体になじまないのは、どうしようもないですよね。

私は自分の言葉として音楽をしたいのに、なぜ他の人の言葉を真似しなければならないのか、と常々疑問に思ってしまいます。

なので私は、フレーズの勉強をするときに完全にコピーするのではなく、「このコード上で何度の音を使い、それはどういった考えで作られている、と推測する」など、そのフレーズを音楽的に分析し、自分の言葉として新たに生み出すようにしています。

この考えは偏った知識になってしまうことを承知しています。私はそれを恐れているので、常々、新しい手法での即興の考え方を模索しております。

生徒さんがもともとスケールやコードトーンの位置把握があるのでしたら、それを中心に、また私が提供できる知識と共に上達していきましょう。知らない方でも大丈夫です。私が学んできた指板把握の仕方をお伝えします。

練習は質か、量か?

よくありますね、質が大事なのか量が大事か。ご飯でも同様です(笑)

今回は楽器の練習の話。

10年以上ギターと触れ合ってきた中で、最近に思った私の意見ですが、

「はじめは質より量、上手になってきたら量より質」です。

そうなのです。はじめはとにかく弾くことです、弾くことで体が慣れるのでしょうね。

あるじゃないですか、恋愛心理とかにも。単純接触効果です。ギターを好きになってしまうんです。

好きになったから、もっと知りたい、もっと上手になりたいと願うようなります。

しかし、いつかは伸び悩むことでしょう。たくさん練習しても上手になれなくなってしまうのです。

それは、量ばかりをこなして練習内容の質が自分に合っていない、質が粗いことが原因にあるように思います。

そこからはどんな練習が自分に合うのか、この練習の目的は何か、と常に考えながら楽器を弾くことが大事になってきます。

もっと早くに気づいていればよかった、と後悔しています。本当に。

後悔したくないあなたは、是非体験レッスンを受けて見てくださいね(笑)!

もっと詳しく聴いてみたい方、気軽に体験レッスンなどお問い合わせ下さい!

西八王子のギター教室HP
八王子のギター教室HP

この記事の著者、編集者について
文章作成・編集 / PMGスタッフ

※当記事は、ギター講師、ベース講師、ドラム講師など各楽器の講師に記事作成を依頼、スタッフが編集しています。

講師募集 / 提携教室募集

PMGミュージックスクール(PMGM)では、提携して頂ける講師/教室を募集しております♪未経験の方、ご自宅でのレッスン希望の方など、気軽にお問い合わせ下さい♪

 

楽器講師、音楽の先生向けの記事

オススメの記事、よく読まれている記事

その他、関連の記事

提携教室のご紹介

❐西八王子のギター教室
❐幡ヶ谷のギター教室
❐柳瀬川のギター教室
❐上福岡のギター教室
❐ふじみ野のギター教室
❐鶴瀬のギター教室
❐大山のギター教室
❐練馬のギター教室
❐江古田のギター教室
❐千川のギター教室
❐日吉、横浜市港北区のギター教室
❐秋葉原、神田のギター教室AKI
❐葛西のギター教室
❐みずほ台ギタースクールRIG
❐富士見市のギター教室
❐みずほ台のギター教室
❐小竹向原のギター教室
❐赤坂のギター教室
❐お茶の水のギター教室
❐湯島のギター教室
❐駒場東大前のギター教室
❐神泉のギター教室
❐三田のギター教室
❐大久保駅のギター教室
❐京王稲田堤駅のギター教室
❐代々木八幡のギター教室
❐梅ヶ丘のギター教室
❐喜多見のギター教室
❐経堂のギター教室
❐狛江のギター教室
❐下北沢のギター教室
❐札幌市西区ギター教室
❐札幌市東区ギター教室
❐すすきのギター教室
❐東灘区のギター教室
❐調布のギター教室
❐笹塚のギター教室
❐ 神田のギター教室
❐ 秋葉原のギター教室
❐ 西宮市のギター教室
❐ 新宿のギター教室 
❐ 足立区宮城のギター教室 
❐ 千葉市、新検見川のギター教室 
❐ 大田区大森のギター教室
❐ 国分寺のギター教室 
❐ 川崎市宮前区のギター教室 
❐ 溝の口のギター教室 
❐ 福岡市南区のギター教室 
❐ 大阪府池田市のギター教室 
❐ 登戸のギター教室 
❐ 秋葉原のギター教室 
❐ 神田のギター教室 
❐ 千歳烏山のギター教室 
❐ 古河市のギター教室 

❐南浦和のベース教室
❐上野のベース教室
❐上尾のベース教室
❐朝霞市のベース教室
❐ 池袋のベース教室
❐ 板橋、大山のベース教室 
❐ 練馬のベース教室 
❐ 高田馬場のベース教室 
❐ 大塚のベース教室 
❐ 高円寺のベース教室 

❐西調布のドラム教室
❐千歳烏山のドラム教室
❐明大前のドラム教室
❐笹塚のドラム教室
❐京王堀之内のドラム教室
❐聖蹟桜ヶ丘のドラム教室
❐国立のドラム教室
❐永山のドラム教室
❐清瀬のドラム教室
❐朝霞台 北朝霞のドラム教室
❐高田馬場、武蔵小金井のドラム教室 musako
❐新座のドラム教室
❐ひばりヶ丘のドラム教室
❐所沢のドラム教室
❐大宮のドラム教室
❐戸田公園のドラム教室
❐赤羽のドラム教室
❐川口市のドラム教室
❐稲田堤のドラム教室
❐狛江のドラム教室
❐梅ヶ丘のドラム教室
❐経堂のドラム教室
❐喜多見のドラム教室
❐ 十条のドラム教室
❐ 新百合ヶ丘のドラム教室
❐ 生田のドラム教室

❐枚方市のウクレレ教室
❐福岡県福津市のウクレレ教室
❐福岡市東区 箱崎駅のウクレレ教室
❐福岡市早良区 室見駅のウクレレ教室
❐福岡市博多区 千代県庁口駅のウクレレ教室
❐福岡県糟屋郡 新宮中央駅のウクレレ教室
❐福岡県中央区、赤坂のウクレレ教室
❐白楽のウクレレ教室
❐大倉山のウクレレ教室
❐武蔵小杉のウクレレ教室
❐新丸子のウクレレ教室
❐自由が丘のウクレレ教室
❐都立大学のウクレレ教室
❐祐天寺のウクレレ教室
❐中目黒のウクレレ教室
❐日吉、横浜市港北区のウクレレ教室
❐富士見市のウクレレ教室
❐みずほ台のウクレレ教室
❐志木、新座、朝霞のウクレレ教室
❐川崎市幸区 キーボード/ピアノ教室
❐札幌市豊平区のピアノ教室
❐ 花小金井のピアノ教室
❐ 所沢のピアノ教室


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です