音楽講師向け – レッスン再開のきっかけとなる連絡は出来ていますか!?

※この記事は「楽器講師、先生のための情報」目線で内容を取り扱っています。

しばらくの間お休み/レッスンの休会をしていた生徒さんに送る、【適切なメール】について考えてみましょう!

再開を迷っている生徒さんには講師からきっかけを与えられると良いですね♪

日程をきちんと提示するだけで、その後の手間が減る

休会を【惰性で続けてしまう】というケースがあります。

これは、生徒さんが内心「休会しているレッスンをそろそろ再開させたいな…」 と思っているにも関わらずタイミングを伸ばして時間が空いてしまうような状態ですね。

レッスン再開のきっかけとなるような発信を続けること。

過去の記事でもお伝えしていますが、メルマガや LINE 公式アカウントを利用して生徒さんとの距離を縮めることは、教室運営にとても役立ちます。

https://pmg-music.com/blog/3323/

その中で、先生自身の最近の音楽活動の状況、作品の制作状況、関わった音楽仕事、それから単純に今現在先生が好きでよく聴いているアーティストや楽曲についてなど、

先生が活動の情報発信をすることで「身近に感じてもらうこと」に繋がり、「生徒さんとのコミュニケーション」に繋がります。

練習の Tips やアドバイスなどを発信する方もいらっしゃいますが、そこはご自身の好みに合わせると良いでしょう!

関係性によってはですが、お休みをしている生徒さんに直接連絡をして、近況を聞いてみたり、コミュニケーションをとるのもおすすめです。

メッセージのきっかけを与える

そしてその文章の最後に
・「質問があったら気軽に返事をください」
・「レッスン日程、来週は空きがありますので希望がありましたら気軽にご連絡ください」
・「レッスンを再開させたい方もいつでもご連絡お待ちしております」

などと付け加えておけば、生徒さんから連絡をもらうきっかけにもなります。

皆様経験があるのではないかと思いますが、しばらく連絡を取っていない相手に連絡をする時ってちょっと緊張して敷居を高く感じてしまいますよね。ぜひ先生側からメッセージを発信してみてください♪

先生が気をつけたいこと3つ♪

その他大切な事は、先生が生徒さんの心に寄り添い下記3つを意識することが大切です。

「生徒さんが不安/心配に感じていることを理解をすること」

→ 生徒さんによって心配事はそれぞれです
「仕事と練習の時間のバランスが心配なのか?」
「コロナや体調が不安で休会をしているのか?」
「休みがちになってしまったので気まずくなってしまっているのか?」

…生徒さんがどこにストレスを感じているのかをよく理解して、適切な助言を伝えられると良いですね。

「 解決策を提示してあげること」

→コロナが心配で休会をしている生徒さんであれば、 教室の換気や、貯金などの対策が万全であることを伝えれば安心に繋がると思います。 スケジュールの問題で時間の確保が心配な生徒さんに関しては、レッスンの回数や時間帯を調整する【具体案】を提示することによって解決するかもしれません。

「モチベーションを上げるためのきっかけを作ってあげられること」

→具体的な練習の目標設定を先生が一緒に作ってあげることによって、「 なんとなくダラダラと練習してしまっている」という状況を変えるきっかけを作ることが出来ればレッスンも楽しくなるはずです。

◆参考 → 楽器初心者の挫折を食い止めるために、レッスンをしている楽器講師が心がける事

レッスン再開のきっかけとなる、メッセージ/情報発信をしよう!

上記で挙げたものを完璧にこなすのは簡単ではないかもしれませんが、問題意識を持つことによって少しずつ改善していけばより良い教室運営に繋がります。

講師にできることは「再会をしたいと思っている生徒さんにきっかけを与えること 」ですので、何度もしつこく再開を促すのは望ましくありません。

講師からの充実した活動内容やメッセージの情報発信が、生徒さんからのメッセージを頂くきっかけとなるのが理想的だと思います。

もちろん、上にも書いた通り、お休みをしている生徒さんに直接連絡をして、近況を聞いてみたり、コミュニケーションをとるのもおすすめです。電話かメールか、、関係性によってもベストな選択は変わってくると思います。

くれぐれも「レッスンをお休みしている間、先生から連絡が来なかった…」というような状況にならないようにしましょう。

音楽を通してせっかく繋がった出会いを、大切にしたいですね。 参考になれば幸いです♪

その他、体験レッスンについての記事も確認してみよう♪

体験レッスンに関する記事の リンクを貼っておきます。ご参考になれば幸いです♪

体験レッスンのお問い合わせの際の返信文章例

音楽講師向け – お問い合わせでご質問を頂いた時の注意点、ポイント!

体験レッスンのお問い合わせ時の対応の注意点、ポイント!

入会用紙、体験レッスンアンケート、月謝領収表を利用して、記入してもらいましょう! 

 

講師募集 / 提携教室募集

PMGミュージックスクール(PMGM)では、提携して頂ける講師/教室を募集しております♪未経験の方、ご自宅でのレッスン希望の方など、気軽にお問い合わせ下さい♪
この記事の著者、編集者について
文章作成・編集 / PMGスタッフ

※当記事は、ギター講師、ベース講師、ドラム講師など各楽器の講師に記事作成を依頼、スタッフが編集しています。

楽器講師、音楽の先生向けの記事

オススメの記事、よく読まれている記事

その他、関連の記事

提携教室のご紹介

❐荻窪のボーカル/ギター教室
❐高円寺のボーカル/ギター教室
❐新宿のボーカル/ギター教室
❐吉祥寺のボーカル/ギター教室
❐西荻窪のボーカル/ギター教室
❐東高円寺のボーカル/ギター教室
❐中野のボーカル/ギター教室
❐勝田台のギター教室
❐八千代市のギター教室
❐西八王子のギター教室
❐Assh ギター教室
❐柳瀬川のギター教室
❐上福岡のギター教室
❐ふじみ野のギター教室
❐鶴瀬のギター教室
❐大山のギター教室
❐練馬のギター教室
❐江古田のギター教室
❐千川のギター教室
❐日吉、横浜市港北区のギター教室
❐秋葉原、神田のギター教室AKI
❐葛西のギター教室
❐みずほ台ギタースクールRIG
❐富士見市のギター教室
❐みずほ台のギター教室
❐小竹向原のギター教室
❐赤坂のギター教室
❐お茶の水のギター教室
❐湯島のギター教室
❐駒場東大前のギター教室
❐神泉のギター教室
❐三田のギター教室
❐大久保駅のギター教室
❐京王稲田堤駅のギター教室
❐代々木八幡のギター教室
❐梅ヶ丘のギター教室
❐喜多見のギター教室
❐経堂のギター教室
❐狛江のギター教室
❐下北沢のギター教室
❐札幌市西区ギター教室
❐札幌市東区ギター教室
❐すすきのギター教室
❐東灘区のギター教室
❐調布のギター教室
❐笹塚のギター教室
❐ 神田のギター教室
❐ 秋葉原のギター教室
❐ 西宮市のギター教室
❐ 新宿のギター教室 
❐ 足立区宮城のギター教室 
❐ 千葉市、新検見川のギター教室 
❐ 大田区大森のギター教室
❐ 国分寺のギター教室 
❐ 川崎市宮前区のギター教室 
❐ 溝の口のギター教室 
❐ 福岡市南区のギター教室 
❐ 大阪府池田市のギター教室 
❐ 登戸のギター教室 
❐ 秋葉原のギター教室 
❐ 神田のギター教室 
❐ 千歳烏山のギター教室 
❐ 古河市のギター教室  ❐武蔵関のベース教室
❐南浦和のベース教室
❐上野のベース教室
❐上尾のベース教室
❐朝霞市のベース教室
❐ 池袋のベース教室
❐ 板橋、大山のベース教室 
❐ 練馬のベース教室 
❐ 高田馬場のベース教室 
❐ 大塚のベース教室 
❐ 高円寺のベース教室 
❐池尻大橋のドラム教室
❐三軒茶屋のドラム教室
❐西調布のドラム教室
❐千歳烏山のドラム教室
❐明大前のドラム教室
❐笹塚のドラム教室
❐京王堀之内のドラム教室
❐聖蹟桜ヶ丘のドラム教室
❐国立のドラム教室
❐永山のドラム教室
❐清瀬のドラム教室
❐朝霞台 北朝霞のドラム教室
❐高田馬場、武蔵小金井のドラム教室 musako
❐新座のドラム教室
❐ひばりヶ丘のドラム教室
❐所沢のドラム教室
❐大宮のドラム教室
❐戸田公園のドラム教室
❐赤羽のドラム教室
❐川口市のドラム教室
❐稲田堤のドラム教室
❐狛江のドラム教室
❐梅ヶ丘のドラム教室
❐経堂のドラム教室
❐喜多見のドラム教室
❐ 十条のドラム教室
❐ 新百合ヶ丘のドラム教室
❐ 生田のドラム教室
❐枚方市のウクレレ教室
❐福岡県福津市のウクレレ教室
❐福岡市東区 箱崎駅のウクレレ教室
❐福岡市早良区 室見駅のウクレレ教室
❐福岡市博多区 千代県庁口駅のウクレレ教室
❐福岡県糟屋郡 新宮中央駅のウクレレ教室
❐福岡県中央区、赤坂のウクレレ教室
❐白楽のウクレレ教室
❐大倉山のウクレレ教室
❐武蔵小杉のウクレレ教室
❐新丸子のウクレレ教室
❐自由が丘のウクレレ教室
❐都立大学のウクレレ教室
❐祐天寺のウクレレ教室
❐中目黒のウクレレ教室
❐日吉、横浜市港北区のウクレレ教室
❐富士見市のウクレレ教室
❐みずほ台のウクレレ教室
❐志木、新座、朝霞のウクレレ教室
❐川崎市幸区 キーボード/ピアノ教室
❐札幌市豊平区のピアノ教室
❐ 花小金井のピアノ教室
❐ 所沢のピアノ教室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です